従来の老人ホームは満杯で入居出来ないか、入居料が支払えないので高齢者向け賃貸はその人達の受け皿となっています。

高齢者向け賃貸がなぜ需要があるのか

高齢者向け賃貸がなぜ需要があるのか

高齢者向け賃貸がなぜ需要があるのか

高齢者向け賃貸がなぜ需要があるのか
高齢者向け賃貸が日に日に需要が高まっています。何と言っても入居のための家賃が特別養護老人ホームと同じぐらいで10万円程だからです。本当ならより設備が整い、専門の介護士や看護士が常駐している特別養護老人ホームの入居を多くの高齢者は望みます。けれど現在では約40万人以上の人々が入居が出来ない状況です。いわゆる待機高齢者です。特別養護老人ホームの代わりに増えている施設に有料老人ホームがあります。社会福祉法人とは異なり民間企業が運営する有料老人ホームは特別養護老人ホームよりも入居料が高くつきます。年金暮らしの高齢者にいきなり多くのお金を支払うことは余程の貯金額がない限りどうしても酷です。

そのために泣く泣く入居を諦めてしまいます。そんな人々に手を差し伸べている高齢者向け賃貸は困っている高齢者達を救済しています。確かに老人ホームと比べると設備やその他見劣りするのは事実です。しかし、安い入居料に食事の世話も加えて、通常の賃貸と比べて高齢者達が住みやすいようにバリアフリーが充実し、暮らしやすい空間であることは事実です。金銭的に余裕のない高齢者達の受け皿になることは必須で、これから需要は増していくと考えられます。

Copyright (C)2014高齢者向け賃貸がなぜ需要があるのか.All rights reserved.